ハーイ、Everybody こんにちは(^u^)

ひろみン[E:ribbon]です[E:heart01]



3月も後半、ぽかぽか陽気になってきましたね(*'ω'*)[E:cute]

心もぽかぽか~(∩´∀`)∩[E:notes]

春は食べ物がおいしいから~(∩´∀`)∩[E:notes]

([E:cat]「1年中食べてばっかじゃないのよっ」

えっへへ~(∩´∀`)∩[E:notes]




ん?

・・・おいしい食べ物?

はっ(≧▽≦)[E:heart01]

おにく[E:note]おにく[E:note]おにくたべよー[E:note]

というわけでー、かぬまブランドに新しい仲間が2つ誕生しましたー!



まずは、おいしーーい豚肉『さつきポーク』のご紹介です(^^♪


b5e1276a.jpg



ひゃっはー[E:heart02]

おいしそう[E:heart02][E:heart02][E:heart02][E:heart02][E:heart02]




「うまい豚肉を作る」ことを目標に約30年前に誕生したさつきポーク。

舌の上でとろける甘味は本当に絶品です!




そんなさつきポークのお話しを伺ったのは、

石川畜産株式会社 代表取締役社長   石川一男さん[E:sun]

です(^u^)



bbfd95ec.jpg





[E:ribbon] さつきポークの特徴を教えてください。


[E:sun] さつきポークは、生産の仕方が一般の豚肉とは違います。

生き物を飼うということは、一番大事なのは餌です。その餌にこだわり、

市販の餌ではなく、自ら原料を購入し、オリジナルの餌を作って

美味しい豚肉を作るということが一般の豚肉との大きな違いです。

名前の由来は、鹿沼市の市の花が「さつき」なことから付けました。




[E:ribbon] さつきポークを育てていくうえでのこだわりを教えてください。



[E:sun] お客さんが、自分の口の中に入れて美味しいと感じるように、

私は常に3つのことを考えています。「元豚」「飼料」「飼育技術」です。

なかでも「元豚」に関しては、かなりこだわっています。

遺伝的な要素が関係してくるので、難しいことなんですが、地道に

自分で改良しながら作って行っています。

特に私は、毎日屠場に行って、自分で作った豚を枝肉にして、検証しています。

自分で作ったものを必ず自分の目で見て、確認して、この元豚であれば

大丈夫だな、というのを確認しながら肥育しているということですね。



0dc639c4.jpg





[E:ribbon] 飼育のこだわりは?



[E:sun] 私共は、養豚家ではありますが、一般的に豚を飼育して豚を作っているという

よりも、豚肉を作っている。あくまでも食品を作っているということを頭に置いて

豚肉を生産しています。食品というと、安全性などの問題も大切になって

きますので、安全な豚肉を生産、飼育する、ということにこだわっています。




[E:ribbon] 「さつきポーク」がかぬまブランドに認定されてみていかがですか?



[E:sun] 豚肉というと、みんな同じなのではないか?という一般の消費者が

多い中で、違いがわかる人が徐々に増えてきたように思います。

周りの反応も、うちには直売所があるんですが、そちらに今まで来たことが

ないようなお客さんが増えてきたと思います。



9302ebfd.jpg





[E:ribbon] 誕生から約30年、商標登録は最近、ということなんですが、

それまでの経緯を教えてください。



[E:sun] 昭和57年に、私を合わせた4名で「上都賀養豚自家配研究会」という

ものを作りました。それがさつきポークのスタートと言えます。

その4名で、試行錯誤しながらオリジナルの餌を作ることから始めました。

餌づくりの難しさというのは、なかなか口では表せないものですね。

今でも、餌づくりというのは、奥が深いなと思うことがたくさんあります。




[E:ribbon] 石川畜産について教えてください。



[E:sun] うちは、祖父の代から家畜を扱うようになりました。振り返ってみると

もう家畜に関わって110年くらいたちますね。

広さは、会社と豚舎で約4000平米です。会社の後ろに豚舎がありまして、

もう1か所肥育専門の豚舎があります。豚は全部で約2000頭です。

年間出荷量はグループで1万頭ぐらいですね。




[E:ribbon] 石川さんの育てた豚はたくさんの賞をとられているんですよね。



[E:sun] 私が作った豚が日本一になったんですよ。全国の養豚経営者で、全国

一番になったこともありますよ。



57f60593.jpg





[E:ribbon] 素晴らしい![E:shine]鹿沼市内で実際にさつきポークが食べられるお店は?



[E:sun] 鹿沼市内を中心に何店かございます。

鳥居跡のろへんさん、みしまさんという割烹、インター近くの一汁賛菜さん、

鹿沼カントリークラブ、ペリカンルージュさん、饗茶庵さん、市役所近くのずずさん、

池の森のいちょう庵さん。

宇都宮ではOTOWAレストラン、宇都宮市役所の近くのどる屋さん。

口コミで広がっているみたいです。どのお店も食べに行きましたよ。

全部おすすめです!(笑)




[E:ribbon] さつきポークが購入できるお店は?

[E:sun] 石川畜産に隣接している直売所の『ミート工房カシワヤ』だけです。




[E:ribbon] お店ではどんな部位、切り方が人気ですか?



[E:sun] 人気な部位は、ロース、ヒレ、肩ロース、バラ、ですね。

切り方は、しゃぶしゃぶ用が人気です。



b88e9ec2.jpg





[E:ribbon] 生産者として、普及に向けて考えていることは?



[E:sun] 私は基本的に、無理矢理販売量を増やすというようなことはしません。

あくまで、お客さん同士の口コミによって増えていけばいいな、と思ってます。

そこから、長くお客さんになってもらえれば。

私は直売所に実際に立つことはないので、お客さんとの交流というのは

ないんですが、晩御飯を食べているときに妻から今日のお店はこんな

感じだったよ、おいしいって言ってくれたよ、なんていう報告を受けてます。

うれしいですね。




[E:ribbon] うれしかったことは?



[E:sun] 自分で作った豚肉が、直接消費者のところへ行って、その反応が

即座に返ってくる。それがうれしいですね。




[E:ribbon] 最後に、メッセージをお願いします。



[E:sun] やはり、最終的にえらんでくれる、というのはお客様なんです。

お客様に1回食べてもらって、納得してもらって、それでお客様が1人増え、

そのお客さまがまた友人などに宣伝していただいて、口コミで増えていく。

それが私が一番願っているところです。

なので、一度是非、食べてみてください。




6ff97472.jpg






石川さんありがとうございました(*´▽`*)[E:heart]



インタビューのあとに、お店の方も案内していただきました[E:shine]


a20c49fa.jpg



7a7e1e61.jpg




メンチカツ、いただいちゃいましたよ~(∩´∀`)∩[E:heart01]


c173d1d1.jpg



ぱくり(^u^)[E:restaurant]


サクサクだよ~お

うわあ~い



3f576717.jpg



[E:ribbon] おいしいんまんま

[E:cat] わたしも食べたい



社長[E:sun] 二人のもあるよ~


[E:cat][E:penguin]  !?!?[E:shine][E:shine][E:shine]

[E:penguin] (社長さすが!さすがだよ社長!ぼく腹ペコ!)




d9cd9509.jpg


[E:cat][E:penguin] おいしいんまんま


[E:cat] サクサクで、ジューシーさがすごいですね!ソースいらない!おいしい!

[E:penguin] お肉の甘みが濃いですね。いくらでもいけちゃいます!





メンチのおいしさにムフフ[E:heart02]と思っていると、

お客様がいらっしゃいましたー(*´▽`*)

さつきポークファン、ということなので、突撃インタビュー[E:shine]


8dc4cade.jpg


今日は生姜焼き用のさつきポークを買いに来たの[E:heart04]という野路さん[E:happy02]


さつきポークはおいしいので、薄切りにしてもらったものをよく食べます。

今日は生姜焼きにしようと思って買いにきました。

冬は、しゃぶしゃぶ用のお肉をよく買っていました。豚ロース肉は最高ですよ!

こちらは、メンチカツなどの揚げ物もおいしいんですよね(^u^)




野路さん、ありがとうございました[E:heart01]



おいしいさつきポーク、ぜひみなさんに食べていただきたいです[E:lovely][E:heart]

最後に、お店の前で社長とパシャリ(*´ω`*)


8f40f198.jpg



この看板が、目印ですよー!



石川社長、ありがとうございました[E:heart]

これからもさつきポークが広まっていくように願っております(`・ω・´)[E:heart04]





〇〇〇〇〇INFORMATION〇〇〇〇〇


石川畜産  ミート工房カシワヤ


〒322-0528  鹿沼市奈佐原町357

電話 0289-75-1135


年に2回の感謝セールもあるそうです(^^♪

HP http://satsukipork.jp











[E:club]・・・・・[E:club]・・・・・[E:club]・・・・・[E:club]・・・・・[E:club]・・・・・[E:club]・・・・・[E:club]・・・・・[E:club]・・・・・[E:club]・・・・・[E:club]




続きまして、『麻』のご紹介です(*´▽`*)


昨年12月の放送で『野州麻の紙すき』のご紹介を

したのは覚えていらっしゃいますでしょうか??

その『麻』も、この度かぬまブランドに認定されましたよ[E:heart04]


鹿沼は『麻』の生産量、そしてもちろん品質も日本一!!

なんで今までかぬまブランドじゃなかったの??と

不思議に思っていた方もいらっしゃるかもしれませんね( ゚Д゚)



というわけで今回は、

栃木県あさ振興連絡協議会 会長  白澤 義司 さん[E:bud]

にお話しを伺いました。


69dc4256.jpg



[E:ribbon] 
『麻』がかぬまブランドに認定されるまでの経緯を教えてください。


[E:bud] 去年の9月ごろ、役員会で事務局の方から話がありました。

鹿沼の麻は全国的に見ても生産量がナンバーワンということもあり、

ぜひブランド化してほしいというのは我々にもありました。

なので事務局と話を進めて認定されるという結果になりました。

これはあさ振興連絡協議会としても良いことだと思ってるし、

会員になっている13名もこれから誇りにしていけると思います。




[E:ribbon] 白澤さんご自身の畑、生産量について教えてください。



[E:bud] 私の畑は、34アールあります。

生産量は製麻にした状態で150~160キロぐらいです。



7c455423.jpg




[E:ribbon] 夏の麻の畑はとってもきれいなんですよね。



[E:bud] そうなんです。麻は成長するとすごく背が高くなるんです。

だいたい、2メートル50センチくらい。そうしないと商品価値が

でないんですよ。

収穫の時期になると、ドライブがてら見に来るなんていう方もいますよ。

ぜひみなさんに夏の麻畑を見ていただきたいですね。

麻というのは、だいたい6割くらいが気象条件によって左右されてしまうんです。

なので本当にいい麻が得来たときは最高の喜びですね。



8c6f9e5f.jpg





[E:ribbon] 麻農家として普及したいことというのは?


[E:bud] 年に一回は研修会に行ったり、品評会に行ったりしています。

去年は製麻の品評会をやりまして、会員の方々が出してくれたものを

見るというのも、すごく勉強になりますしね。

また、昨年は伊勢神宮が式年遷宮だったというのもあり、我々の麻を

伊勢神宮に奉納させていただきました。



bbe64992.jpg





[E:ribbon] 最後に、メッセージをお願いします。



[E:bud] かぬまブランドに認定していただいたのは、鹿沼市長、佐藤信市長が

力を入れていただいたということがあります。それから、経済部、農政課、

皆さんが一生懸命になってくれました。そのご支援には本当に感謝しています。

これからも麻の普及に向けて、努力していきたいですね。






白澤さんありがとうございました[E:heart]



白澤さんの奥様は、12月の放送『そば打ち体験』のときに

お世話になった、白澤千恵さんなんです(∩´∀`)∩[E:note]

麻の収穫が落ち着く冬の時期には、千恵さんは『麻の織物』

作っていらっしゃるんだそうです。

というわけで、見せていただきましたー[E:happy01][E:heart04]


33746670.jpg



まちの駅 新・鹿沼宿で購入できますよー(^u^)



最後に、白澤さんの畑で白澤さんご夫婦と、農政課の栗原さんとぱしゃり[E:camera][E:shine]

ae375631.jpg



夏の、麻でいっぱいになっている畑もぜひ見てみたいな~(´ω`*)[E:heart04]



白澤さん、栗原さん、ありがとうございました[E:heart]









これからも、かぬまブランドが発展していくように

アイラブかぬま一同、応援しておりますー(`・ω・´)[E:shine][E:shine]















次週の放送は、


アイラブかぬま最終回

『まちの駅 新・鹿沼宿3周年告知SP』


をお送りします[E:happy01]


お楽しみにー[E:shine]